奈良では鹿ちゃんの角を切る

奈良ではオスジカの角が伸びきる 秋になると 「鹿の角きり」 という行事があり
鹿ちゃん達は 縄で捕らえられ ノコギリで角を切断されてしまうのです
これは江戸時代から続く伝統行事で 街中で人と生きる鹿の角による事故や樹木を保護する目的だそうです

アクセス

会場は 春日大社境内「鹿苑」 大仏のある奈良公園のほではありません

JR奈良駅から歩いていきました 観光周遊パスもでています

 

カメラはFUJIFILM X100F のみで撮影しました

写真

鹿の街です

色んなところに鹿ショップがあります

鹿ちゃんいました お腹空いてるみたいです

皆さんゴミはゴミ箱に

道路も歩行鹿優先です

 

樹木を守るため角を切らせていただきます

 

会場に着くと始まってました 勢子が縄を投げて 鹿の角にひっかけます

 

逃げられました 追いかけます

縄のひっかかった鹿を木にグルグル回して固定します

みんなで持ち上げて切断場に

切ります 痛くはないみたいです

切った角を観衆にみせます

鹿も散髪したあとのように気持ちよくしてました

 

開催日時

2017年の開催日時は 10月7日(土),8日(日),9日(月) の三日間 12:00~15:00までとなっていました

2018年も 日程は 10月 体育の日のある 土曜、日曜、月曜 の3日間 10月6日(土),7日(日),8日(月)になるのではないでしょうか

値段

観覧料は大人1000円、子供(小学生)500円
見る価値は十分ありました