FUJIFILM X-T2 フィルムシミュレーション カスタム設定 2018年夏版

前回、FUJIFILM X-T2 フィルムシミュレーション カスタム設定 2018年5月版として

FUJIFILM X-T2 フィルムシミュレーション カスタム設定 2018年5月版
X-T2 買ってから色々触ってましたが カスタム設定が落ち着きましたのでメモとして残しておきます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});α7 IIIなど魅力的なフルサイ

フィルムシミュレーション カスタム設定を公開して見ましたが

使ってるうちに微妙に自分の好みも変わってしまいましたので

FUJIFILM X-T2 フィルムシミュレーション カスタム設定 2018年夏版w

として再度公開させていただきます。

カメラは、X-H1も出たりX-T3がでる噂もありますが私はX-T2を継続使用する予定です。

 

 

カスタム設定のどこが変わったかというとAstiaやClassic Chromeばかり使用していたのですが

撮った写真を見直してみるとProviaの色の出方がいいなと感じましたのでカスタム設定1に柔らかめ設定で使用してます。Astiaを没にしました。

カスタム設定1のProviaと2のClassic Chromeを見ていただければ違いがわかると思います。

 

1.スナップ,ポートレート

Provia: DR:100 シャドウ-1 カラー-1

XF90mmF2

 

2.ポートレート あっさり

Classic Chrome: DR:Auto シャドウ-1 カラー+1

XF90mmF2

 

3.街撮り

Classic Chrome: DR:100 シャドウ+1 カラー+1 シャープネス+1

XF90mmF2

 

4.基本設定

Provia: DR:100

 

5.風景,色強調

Velvia: DR:Auto ハイライト-1 シャドウ-2 カラー+1 シャープネス+2

 

6.モノクロ

crosYe: DR:Auto ハイライト-1 シャドウ+1 ノイズ-3 シャープネス+1

 

7.モノクロ 硬

across R: DR:100 ハイライト-1 シャドウ+3 ノイズ-3 シャープネス+2

 

次回は冬版で、再公開させていただきます