FUJIFILM X-T2 フィルムシミュレーション カスタム設定 2018年5月版

X-T2 買ってから色々触ってましたが カスタム設定が落ち着きましたので
メモとして残しておきます。

スポンサーリンク

 

α7 IIIなど魅力的なフルサイズカメラがあって惹かれますが
あえてAPS-CのFUJIのX-T2を選んだのは フィルムシミュレーションが素晴らしくて
RAWからLightroom で現像する必要がほとんど無くて済むからです。
フルサイズカメラは買ったことありますが、納得できる色を出すにはLigjtroom必須で
家に帰ってから現像作業が待って時には苦痛に感じていました。
画質においてもフルサイズに大きく劣るとは感じません
キットレンズで満足できる写りです

X-T2は、7つのカスタム設定を保存しすぐに呼び出すことができます

私のカスタム設定

1.ポートレート

Astia: DR:Auto カラー-1 ハイライト+1 シャドウ-1

2.ポートレート あっさり

Classic Chrome: DR:Auto ハイライト+1 シャドウ-1

3.ポートレート 硬 、街撮り

Classic Chrome: DR:100 カラー+1 シャドウ+1 シャープネス+1

4.基本設定

Provia: DR:100

5.風景

Velvia: DR:Auto カラー+1 ハイライト-1 シャドウ-2 シャープネス+2

6.モノクロ

crosYe: DR:Auto ハイライト-1 シャドウ+1 ノイズ-3 シャープネス+1

7.モノクロ 硬

across R: DR:100 ハイライト-1 シャドウ+3 ノイズ-3 シャープネス+2

しばらくこの設定で使ってみます
クラシッククロームが一番のお気に入りです

 

5.Velvia , 使用レンズ XF50mm

 

フィルムシミュレーション 夏版に変化しました

FUJIFILM X-T2 フィルムシミュレーション カスタム設定 2018年夏版
前回、FUJIFILM X-T2 フィルムシミュレーション カスタム設定 2018年5月版としてフィルムシミュレーション カスタム設定を公開して見ましたが使ってるうちに微妙に自分の好みも変わってしまいましたのでFUJIFILM X-T2 フ